悪徳商法の営業

営業マンは営業マンでも、
いわゆる悪徳商法の営業マンもいます…。

主に、特定商取引法の対象となるビジネスに
多く発生しているようです。

特定商取引に関する法律は、一見難しそうですが
購入に関してのトラブル防止の為に定められている法律です。
主に、トラブルが起きやすい取引が中心です。



例えば、わかりやすいもので言えば訪問販売。
一般的な訪問販売は決して悪くありませんが、
この販売法を悪用している業者もいる、ということです。

自宅へ訪問して、あり得ない値段で壺を売ったり、
印鑑を売ったりするといった方法です。
さらには、買うまで帰らない、といった悪徳業者もいます。

また、インターネットでの販売もこの法律に含まれます。

特定商取引法の中で有名な法律といえば、
クーリング・オフですね。

それぞれ条件は違ってきますが、
購入してから8日以内の返品が可能という法律です。

トラブルを未然に防ぐためにも、
購入の際にしっかり書面を読んでおくことも必要です。

営業マンが言葉巧みにいい事ばかりを言ってきたり、
文字が多くて書面を全文読むのも大変かと思いますが、
納得した上で契約・購入しないといけないので、
そこも欠かさずに読むようにしましょう。

賢い消費者になって、賢く買い物をしましょう。