マナー基礎講座3~名刺交換~

営業マンのはじめの自己紹介、名刺交換。

名刺交換する前に、名刺が折れていないか、
汚れていないかも確認しておきましょう。
また、名刺がすぐに出せる状態にしておきましょう。



名刺交換は、必ず立って行います。
脇をしめて、胸の高さで名刺を持ち、軽く会釈しながら
相手の顔を見て、両手で自己紹介しながら渡します。
「よろしくお願いいたします」の一言も忘れずに。

もちろん名刺は相手が読む向きで、
文字に手がかからないように渡します。

目下の人間や訪問してきた人間から先に名刺を出します。
もし相手に先に出されても、「申し遅れました」の一言を添えて。

名刺交換する相手が複数人いる場合、役職が上の人から渡します。
自分の上司が一緒に名刺交換する場合は、上司に続いて行います。

相手が先に名刺を出した場合は、相手より低めに出します。

名刺をいただく時は、「頂戴いたします」と添えて、
名刺の文字部分を持たないようにしていただきます。

その際、読み方や不明な点は聞いておきましょう。
後から聞くのはNGです。

商談中は名刺は直さずに、相手が座っている順番に
手元のテーブルに並べて置いておきます。
そのまま残して帰らないように気を付けましょう!

相手を覚えやすいようにメモしたくなっても、
商談が終わって相手がいなくなってからメモしましょう。
相手が見ているのに書き込むのはNGです。